脇汗 止める

脇汗を止めるための対策法をお伝えします。汗ジミを防ぎ、快適に過ごしましょう。
MENU

脇汗ケアに多い洗い方の間違いとは

嫌な脇汗をどうにかしようと、念入りに洗浄している方はたくさんいるでしょうが、
誤った手段で実行していると、改善どころが逆効果になる場合もあります。
では「誤った手段」とは具体的にはどんなものなのでしょうか?

 

悪臭の根源を知らずに洗浄しすぎる

身体を洗浄すると綺麗になり、顔汗や脇汗などの悪臭も軽減されるだろうと思いがちですが、
実はそれは誤りです。洗浄し過ぎると、かえって悪臭を強める事になってしまいます。

 

さて、悪臭を発生させているのはもちろん「害のある菌」です。
実は、この「害のある菌」の悪臭は
「表皮ブドウ球菌」という菌が良い匂いを発する事により、相殺しています。

 

お察しの通り、洗浄しすぎると、この表皮ブドウ球菌やこの菌が好む菱膜までもを除去してしまい、
それが原因で「害のある菌」が増えて、硫化水素やアンモニアを生じさせるのです。
やはり、洗い過ぎは悪臭の元なのです。

 

あくまで、要らない汚れを除去するだけに留めて、軽く洗浄する事が重要です。

 

皮脂や汗が生じる理由を知らずに洗浄しすぎる

皮脂や汗も悪臭の根源として嫌悪されがちで、根こそぎ除去しようと必死になっている方もたくさんいますが、
これもやはり良くないです。

 

皮脂や汗は、無意味に生じているわけではありません。両方とも、肌の乾燥を防止してくれているのです。

 

皮脂は、水分が乾いて肌が乾燥するのを防止するために発生していますし、
汗は、角質の表面に水分を供給するために生じています。

 

ですから、これらを除去し過ぎると、それが原因となって肌が乾いて、皮脂や汗がさらに出にくくなってしまいます。
結果、皮膚の表面でこれらの酸化が起きたり、雑菌が殖える原因になったりして、
悪臭を強めてしまうのです。

 

ですから、爽快な気分になるからといって洗浄しすぎるのは、やはり厳禁なのです。
そして、洗浄後に保湿を確実に行う事も、皮脂や汗のブロックのためには大事です。

 

ここまでの解説で心当たりがありましたら、洗浄方法を改め、
過剰な洗浄に気を付けながら、脇汗の分量や臭いの程度を比べてみて下さい。
きっと、今までも方法が誤りだったことが判明する事でしょう。

 

このページの先頭へ