脇汗 止める

脇汗を止めるための対策法をお伝えします。汗ジミを防ぎ、快適に過ごしましょう。
MENU

冬の脇汗が濃く臭う理由は

嫌な脇汗は夏場だけでなく、冬場にも存外多く流れるものです。
「暑くないのに。理由が良く分からない」と感じるかもしれませんが、
冬場は気温が低いので、人体は、勝手に震えるなどしてなんとか発熱しようとしています。
それが、脇汗や顔汗などに繋がってしまうケースがあるのです。

 

夏場と冬場とでは脇汗の問題の質が違いますので、それを把握した上でケアしましょう。

 

冬場の脇汗は臭いが強い

「臭いが強い」という事が冬場の脇汗の最大の性質です。
夏場のそれのほうが発汗量も多く臭いも強そうなものですが、
実際は冬場の方が臭いが強くなる原因がたくさん潜んでいるのです。

 

一例として、まずは衣類の問題です。
夏場は風通しが良いものを着ますから、汗が乾いて逃げやすいですし、
体温を調整するための汗は、そもそもほぼ臭わないものです。

 

 

反面、冬は汗が蒸発しにくく、乾いてくれたとしても、汗は「肌のすぐ側にある」衣類に付着してしまいます。
そして、着込みますから、衣類の内部の風通しが非常に悪いので、
雑菌がかなり生息しやすくなり、繁殖して悪臭が酷くなります。

 

 

汗質が異なる

そして夏場は喉が渇きますし、身体も熱くなるのでこまめに水を飲む方が多いですが、
冬場は体温低下を嫌がって、水をあまり飲まない方が大半です。
すると水分が足りない分、冬場の汗は夏場の汗よりも成分の割合が多くなってしまいます。
もちろん薄い(=成分の割合が低い)汗よりも、濃い(=成分の割合が高い)汗の方が悪臭が酷くなります。

 

また、夏場の汗はエクリン汗腺という汗腺から生じる体温調整のための汗であり、
実は水とほとんど同様の成分となっています。
ただしたくさん発汗した際は、汗と共に皮脂や古びた角質が流れ落ちて、
それを拠り所して雑菌が悪臭を放つ場合もあります。

 

 

大変なのは、アポクリン汗腺という汗腺から生じる汗の方です。
これが成分密度の高い汗の正体であり、悪臭が強烈になっています。
粘度が高く、乾くと発酵して悪臭を生じさせます。
ちなみに、このアポクリン汗腺が多かったり大きかったりするとワキガになりやすいです。

 

そして冬場の汗の大半は、体温調整が目的ではありません。
衣類の密着度や寒さが原因で、ストレスや緊張を覚えているために発汗している事が多く、
このような汗の多くがアポクリン汗腺からのものなので、悪臭が強烈になりやすいのです。

 

しかも、繰り返しになりますが、衣類に付着して長く残存するので、
アポクリン汗腺特有の成分の働きによって、さらに臭いが強くなるのです。
顔汗止める対策

 

このページの先頭へ